空き巣にあって困った時にキャッシングを利用

 空き巣の被害にあった時にキャッシングしました。給料日までお金がないので、なんとかそれで凌いだことがあります。

あの日は外出先から帰ってきたら、玄関のドアに穴が開いていて、パソコンとかテレビとかごっそり消えてました。今となっては不用心だと反省してますが、まとまった現金を生活費として自宅に置いていたので、それも盗まれてしまいました。

 通報して来てくれた警察の人の話だと、ピッキングの手口らしいです。ドアに開けた穴から器具を入れて鍵を外すみたいですね。怖いし、腹は立つし、ドアは交換しないとならないし、最悪でした。パソコンから個人情報流出とか洒落にならないですから。ネットバンクのようなものは利用してなかったので、それだけは不幸中の幸いだと思います。身分証は持ち歩いていたから、勝手に借金される心配はないんじゃないかと相談した警察の人に言われて、ひとまず安心し、その晩は親戚の家に泊めて貰いました。

 キャッシングしたのは翌日です。空き巣にあう前からカードは持っていました。懐が寂しくなるとちょっと借りて、すぐ返して、銀行感覚で利用してたんです。だから、ローンを使う抵抗は無かったですね。ただ、いつもとは違って切実に困っている状況だったから、キャッシングできるカードが手元にあって助かりました。

関連記事

このページの先頭へ